春のデザート

如月も残り少なになりました。

ここに来て暖かくて穏やかなお天気が続きます。

ファッションもお料理も心はもう春に向かってウキウキ気分ですね。

きょうは春のデザートを。

美味しい伊予柑が出回っています。

みかんとはまたちょっと違うさっぱり系のこの果物に
春の匂いを感じてしまいます。

a0122325_14482035.jpg


伊予柑をくりぬいてしぼります。
ゼラチンなど記載された分量と温度で固めてくださいね。
お好みでお砂糖を
まろやか感を出す為に100%のオレンジジュースを加えるのも一つの手です。

a0122325_14502045.jpg


煮りんごとイチゴを乗せて

a0122325_1446580.jpg




さて先回のワラビ烏賊の作りかたです。

a0122325_14505794.jpg


新鮮なするめ烏賊が手に入ったなら

①途中までくるくるっと。

②くるっと反対にして蕨の形を意識し
串でさします。
しっぽを少々跳ね上がらせます

③卵の黄身を数回に分けて
刷毛で塗ってはあぶりぬってはあぶりを繰り返して
きれいな黄色になったら青海苔をしっぽのほうにまぶします。


今一般家庭ではお魚はどのように焼いているのでしょう。
この黄身をあぶるのはちょっと技術を要します。

大き目の魚焼き機があると良いのですが。

a0122325_1451934.jpg


串の方向に切っていきます。
a0122325_15113854.jpg



きょうも来て下さってありがとう。
応援のポチをよろしくお願いします058.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by mari-mystyle at 2011-02-20 15:38
この伊予柑ゼリー、めちゃ、美味しそう!
煮リンゴとイチゴがのってるところなんて、やっぱ、違うね。

烏賊はこんな風に作るんだ・・・・
ほーーって真剣に読んだわ(笑
黄身は黄身のみ?
調味料はいれなくていいの?
一度、やってみたいわ。
オーブンならいけるかな?
Commented by TUKASA at 2011-02-20 16:33 x
こんいちは
季節のお料理が並んでいますね、冬の寒さも落ち着いて春の風を待つのみ
目から飛び込んでくる春の香りにニンマリ、よだれを拭きました

伊予柑のデザートもサッパリして、口の中にも春が来ますね
こちらは早咲きの桜の便りが聞けるようになりました。
Commented by harukoma68 at 2011-02-20 19:18
porinちゃん、(*^▽^*)ノハーイ
調味料はいっさい無しよ。
(⌒^⌒)b うん
卵の黄身のみを数回にわたってぬってはあぶっていくのよ。
この黄色になるにはけっこうマメにぬって何度も繰り返さないとね。
我が家は大きな魚焼き機があるけど
オーブンで何度かに分けてあぶることって出来るのかな?
バーナーの火ではちょっと強すぎね。

でも遠くからしたら良いかな~~?
Commented by harukoma68 at 2011-02-20 19:24
TUKASAさん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

雪国にも春の訪れを感じられる季節になりました。
果物も春の果物に移行していますね。冬の間
楽しんだみかんも今度は伊予柑にバトンタッチです。
爽やかな柑橘系の香りは春の匂いを運んでくれています。
さっぱりと良いですよ。

今日は横浜国際女子マラソンで楽しみました。
もう早咲きの桜の便りがあるの~~
良いなあ~~
Commented by 鹿児島おばちゃん at 2011-02-21 21:35 x
はるこまさん こんばんは~!

伊予柑のゼリーに煮りんごとイチゴの盛り合わせ、今夜も見ただけでよだれが出ますね~。
昔アメリカ人の高校生をホームスティしていた時、デザートにグレープフルーツのゼリーを作ったことがありますよ。
大きかったので半分か1/4にカットして出した記憶があります
子供も皆大喜びで頂きましたので、美味しかったと思いますよ。

柑橘類のゼリーは美味しくて見栄えもよいので作ってみる価値はありますね。

ワラビ烏賊、やはり手間ひま掛けてありますね~!
黄身を何度も塗り、くしの刺し方も最後が少し持ち上がる感じに~~
年季の入った職人さんにおまかせです~。最初拝見したとき
烏賊の黄色は、うにかな?と思いましたが、春の菜の花の黄色は
やはり黄身でないと出せませんね。
Commented by harukoma68 at 2011-02-22 07:29
鹿児島おばちゃん、おはようございます。

今まではみかんでゼリーを作っていましたが
春を意識して伊予柑で作っています。
微妙にお味が違ってきていてそういところに四季のうつろいを感じます。

アメリカ人の高校生をホームステイしていたことがあるのですね。食事の違いに苦労されたのでは?今ととがってファーストフー素もまだ日本では出回っていなかったのでは?

ワラビ烏賊、ちょっと技術を要します。
この黄色に春を感じていただけたらと思います。
by harukoma68 | 2011-02-20 15:15 | デザート | Comments(6)