鱧尽くし

梅雨明けと同時に旨みがまして
今が旬の鱧

きょうは鱧子寄せを

a0122325_1795662.jpg


一口含むとなんともいえない甘味が口中に広がります
上に見えるのは酢レンコン

a0122325_1710497.jpg


こちらは鱧の天ぷらで
下に敷いてあるのは海老煎餅です

a0122325_17103033.jpg



a0122325_17103735.jpg


鱧にはその頭から尾っぽにかけて連なるように生えている小骨
がありこのままでは口に突き刺さり食べるのがとても困難な魚なのです。

そこで発達したのが 骨切り という技法で、一寸(約3センチ)の間に24切れ包丁の目を入れることが出来れば板前として一人前といわれています。
ざくざくと云う音と共に鱧職人さん達の暑い夏到来ですね。


きょうも来て下さってありがとうございます058.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by mari-mystyle at 2011-07-13 21:36
こんばんはー。

鱧尽くしなんて、贅沢~~(笑
どれもこれも、美味しそう!
天麩羅は知ってるけど、鱧の子なんて、はじめてだよ。
関西にいたけれど、これは、おめにかかったことはないわ。
食べてみたいな。
母がはるこまちゃんのブログをみて、美味しそうってよだれをたらしてます(笑

Commented by harukoma68 at 2011-07-14 08:46
porinちゃん、おはよう。
きょうも朝から暑いわε-(´o`;A アチィ

鱧の子ね、口の中がとろけそうなくらいの甘さだよ、食べさせてあげたいわ。お母さんもこちらのブログ見てくれているのね、嬉しいわ。
ありがとう。お母様にも食べていただきたいわ。近ければお持ちするのにね。
Commented by 鹿児島おばちゃん at 2011-07-14 11:45 x
はるこまさん こんにちは~!

はるこまさんのところは地元で鱧が取れるのですね。
こちらでも料亭へ入ると鱧のお吸い物をいただけますが
お店に鱧が並ぶことはありませんのよ。

関西では夏=鱧と直ぐ皆さん連想されます物ね。
そういえばもう何年鱧を口にしないことでしょう~!

↓の梅ジュース、こちらでは梅ののシーズンはもう終わりましたのよ。
来年はぜひ梅ジュース作ることにしましょう!梅の香りが漂うブログですね。
Commented by mitikusa-tukasa at 2011-07-14 16:19
こんにちは~

アップされていたのにウッカリしてました
梅雨もあけ鱧の季節ですね、実家が神戸ですからこの季節必ず頂く食材です
若い頃はこの味が分からず好きでもなかったわ

夏に帰ると必ず食べたくなる鱧です、しゃぶしゃぶや梅肉もさっぱりして美味しいわね
鱧子寄せ、上品で前菜にピッタリ、美味しそうです

お里帰りをしたくなりました、関西は暑いのよ。
Commented by harukoma68 at 2011-07-14 17:42
鹿児島おばちゃん、こんにちは。

鱧は関西でおなじみですよね。
ところがこちらでも初夏くらいから捕れるのですよ。
沢山は撮れませんが以外でしょう。モチロンお店には並んではいませんね。
夏の始まりの頃いただいて楽しんでいます。
梅の時季も本当に限られていますね、
一年に一度やはり逃さず梅干と梅ジュース頂きたいものです。
Commented by harukoma68 at 2011-07-14 17:47
TUKASAさん、こんにちは。

TUKASAさんのご実家あたりは夏といえば鱧ですね。
あ、若い頃はソウよね、わたしもこのお味が好きではありませんでしたが歳とともに(笑)好きになりました。香りが季節を感じさせてくれますね。鮎もそうね。
関西生まれの方だったら子供のころの思い出と結びついてしまいますね。
是非是非、お里帰りしてください。
Commented by mari-mystyle at 2011-07-15 22:33
はるこまちゃん、先日はありがとう。
母も大変、喜んでいました。
親孝行ができて、私も嬉しいです。
旦那様のおかげです。
本当にありがとう。

さきほど、鱧の照り焼きをブログにアップして、はるこまちゃんのところをリンクさせてもらいました。

くれぐれも旦那様に宜しくお伝えくださいねー☆
本当にありがとう♪
Commented by harukoma68 at 2011-07-16 09:08
porinちゃん、どういたしまして
(*- -)(*_ _)ペコリ
喜んでいただいてよかった。

ぽりんちゃんはお母さん思いだね。
自分に置き換えたら少し反省し
見習いたいと思ったよ。
お母さんの喜ぶ顔が見られるって嬉しいね。
by harukoma68 | 2011-07-13 17:28 | 風物詩 | Comments(8)