彼岸入り

16日に東京でソメイヨシノが開花しました。

我が県は一足遅れで梅の開花が待たれる頃ですが
17日には彼岸の入り、まさに暑さ寒さも彼岸までと言われるように
だいぶ暖かくなりました。

*春はあけぼの。やうやうしろくなり行く、山ぎは少しあかりて、
むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。*

と枕草子にかかれて千年もの間読み継がれていますが
春の明け方は趣深いものですね。

障子越しに白んでくる春のあけがた、まさに前年前とおなじ季節をこうして
迎えられると云うこと、歴史と交わることができる
古典はまさにセンスの宝庫でとても魅力的だと年々感じてきています。



a0122325_21184943.jpg


春はお花見。

お花見の計画も着々とたてられて行きますね。

春のお料理もまた楽しみです。

桜麩と菜花、そして鰈の蕗巻きの炊き合わせです。



↓は筍の木の芽あえです。
a0122325_2119622.jpg


デザートにも春を盛り込んで。
a0122325_21393010.jpg




きょうも来て下さってありがとうございます
応援のぽちをよろしくお願いします056.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
by harukoma68 | 2013-03-18 21:46 | 風物詩 | Comments(0)