カテゴリ:風物詩( 25 )

梅ジュース

東北を除く本州と九州北部で例年より10日も早い梅雨明けです。

梅雨明けと共に厳しい暑さの到来です。
「梅雨明け10日」といわれますが
梅雨明け後の10日間がもっとも体力を消耗してしまう頃になるそうです。

水分を細めに取って熱中症などにならないように気をつけましょう。


そんな思いもあって梅雨明け宣言がされた9日に梅のジュースを作りました。

a0122325_1121305.jpg



作り方は簡単。
へたを取ってきれいに洗った
梅1キログラムに対して氷砂糖1キロを入れて2週間から3週間くらいで飲めるようです。

一日後にはこれだけの果汁が出てきました。
a0122325_11231575.jpg



*梅の効用*
梅に含まれるクエン酸はエネルギーの代謝をスムーズにし
疲労回復と血液さらさら効果があるといわれ
動脈硬化や成人病の予防に効果をもたらします。
そしてカルシウムの吸収を高めたり胃腸内の病原菌を殺菌、繁殖を抑える効果があります。

「三毒(食、血液、水)を断つ」といわれる優れものです。



きょうも来て下さってありがとうございます056.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
by harukoma68 | 2011-07-11 12:39 | 風物詩 | Comments(4)

鱧料理

a0122325_16201988.jpg



京都の祇園祭り、大阪の天神祭りには欠かせない魚「鱧」。
鱧は梅雨の雨を飲んで旨くなると言われており、
梅雨の明ける7月になると脂が乗り始め旬となります

さかなへんにゆたかと書いて「鱧」
昔、交通手段がない頃行商人達が必死の思いで
兵庫県の明石港や淡路島などから京都に魚を運んでいたそうです。
しかし夏場の猛暑の頃は京都に付いたころにはほとんどの魚が酸欠状態で
死んでしまうのです。
ところが鱧だけは京都についても生きていたそうです。
暑い夏、この美味しい
鱧をいただいてその生命力にあやかりたいものですね。


写真は鱧の葛うち、甘鯛の昆布締め、菖蒲しょうが


a0122325_16195477.jpg



お吸い物です。
ジュンサイ、冬瓜と共に

ちなみにこの日の鱧は
新潟で獲れたものです。
たまに新潟でも獲れるようですよ

a0122325_16191468.jpg


きょうもl来て下さってありがとうございます058.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
by harukoma68 | 2011-07-06 16:51 | 風物詩 | Comments(2)

水無月豆腐

a0122325_1658570.jpg


水無月は無病息災を祈願する神事で用いられる6月の京都の代表的な和菓子です。

これをお料理に転じたものが水無月豆腐です。

胡麻豆腐を練ってその最後にゆでた小豆を混ぜて仕上げます。

小豆を上に乗せてあるのがおなじみのようですが
こちらは我が家のスタイルです。

割り醤油で頂きます。

小豆は厄除けの意味をもち三角に切るのは暑気をはらう為
の氷を意味しているそうです。

そのほかに小豆の持つ健康成分にはすぐれたものがあり
栄養保持、脚気、食中毒、酒の飲みすぎなどに
効き目があるようです。

7月は旧暦の無名月にあたります。
暑さ湿気で食欲が落ち体調も崩しがちになってしまうこの頃
小豆のお料理でのり切りましょう。

a0122325_1722088.jpg



きょうも来て下さってありがとうございます058.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
by harukoma68 | 2011-07-03 17:28 | 風物詩 | Comments(6)

あわびと車えびの水晶

a0122325_12453879.jpg


きょうから7月

梅雨明けが待ち望まれる頃になりました。

湿気の多い日が続きかび等も発生しやすくなり
食物も腐りやすくなってしまいますね。

食欲が落ちてしまうこの頃
目で見て食をそそるようなお食事、冷やしものが
喉越しもよくお奨めです。

きょうは
車えび、あわび、枝豆を水晶に見立てたこの一品

馬上盃などを使いクレラップをしいて
吸い物の下地をゼラチンなどで固めて冷やし
逆さにして盛りつけたもの。

オクラを細かく刻んで天盛りに


a0122325_1245566.jpg




a0122325_1246370.jpg



きょうも来て下さってありがとうございます060.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
by harukoma68 | 2011-07-01 13:08 | 風物詩 | Comments(8)

夏椿

a0122325_21142571.jpg


大変御無沙汰してしまいました。

忙しくしていました。

そんな中、遅い入梅があり、
夏椿が咲き始めました。
季節は確実に夏に向かって進んでいます。

夏椿といえば
あの沙羅双樹の詩を思いうかべますね

きりっとしたこの白の花弁は夏を象徴するものです。

そしてそれに連想して浮んでしまいます。

それは万葉集の

持統天皇のこの一句

「春過ぎて夏来るらし白栲の衣乾したり天の香具山」

白と云う色に初夏への憧れを抱いてしまいます。

季節とは色彩と共に移ろっていきます。
春から夏に向けて感じる色はやはり真っ青な空のもと
色濃い緑を背景に
真っ白な衣、これ以上のものはないでしょう。

できることなら天の香具山にひるがえる白い干し物をこの目で
見てみたいものです。


きょうも来て下さってありがとうございます016.gif
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 雑貨写真へ
にほんブログ村
[PR]
by harukoma68 | 2011-06-27 21:32 | 風物詩 | Comments(10)